読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Don't find fault, find a remedy.

NPO法人ArrowArrow代表のつれづれ日記

【Blog】足を運ぶ。

足を運ぶ。

2012年、なんやかんやで好きなアーティストのライブやら演劇やらサッカー観戦やら、
20本近く、現場に足を運んでいた。びっくり。

いやいや20本とかで書くなよ、ブログに。と思うことなかれ。
別に市場と比べてびっくりしている訳じゃない。

自分で行こうと決めて、自分でチケットを買って、
実際に足を運ぶということが、ひきこもり体質の自分からしたら、
ありえないくらいの行動量だから驚いているのだ。

その現場に、行くと決めること。
行って、何かを感じること。

特に30歳になって、音楽を聴くようになった。
正直、なんで皆こんなに楽しいものを教えてくれなかったんだと思った。
(そして今もちょっと思っている)

いや、音楽は聴いてたし、昔から好きなアーティストだっているけれど、
なんか、最近は音楽を聴いていて心をぐわーっと鷲掴みにされることが多い。

もしかして自分が変わったのか。そうなのか?

そんでもって、好きになればなるほど、言葉にできないことも多くなった。

舞台も、ライブも、映画も、「なんか……よかった!」みたいな
感想しか言えなくなった。

なんでなんだろう。何が変わったんだろう。

でも、言葉にできないけど、それでも心は満たされるし、
なんか明日も頑張ろう、自分も頑張ろうって思えるから、
きっと、何かは感じているんだと思う。

あーー、もしかしたら、言葉にできなくても良いもの、を自分で受け入れたのかもなー。

言葉にできなくても良いものもあるって、なかなか言えなかった、ちょっと前まで。
全部、説明できると思ってたし、できるものしか好きって言わなかった。

でも、最近は説明できないけど好きなものがいっぱい、ある。

説明できるくらい好きなものと、
説明できないくらい好きなもの、

は違うけど、それぞれ好きだ。



できないことも、受け入れることができる、っていうのが
30歳になって身に付けた唯一のことかも知れないなぁ。


「できる」って無理して自分ひとりで作ったものよりも
「できない」って素直に手を挙げてみんなで作ったものの方が、愛着が湧くし。
できないって受け入れた方が実は良いものができるなんて、
3年前の私に言って、理解してもらえるかなー。

ま、いいか。その頃にはその頃のやり方がきっとあったはずよね。
頑張れ、3年前の私。ガムシャラにやって、
それでも出来ない、その瞬間に見える景色はきっともっと素晴らしい。