読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Don't find fault, find a remedy.

NPO法人ArrowArrow代表のつれづれ日記

【Blog】発信する……って正直、怖い。

ヘタレな題名で申し訳ないです…。

でも、正直、そう思うことが多々あります。
自分で組織を立ち上げると決めて、本名でtwitterを始めた時から、思っています。


発信するって、怖いです。


本当に本当に有難いことに、たくさんの機会を頂いて、
事業や課題を感じている想いに対して、発信をしてきましたし、これからも、します。


でも、その度にドキドキします。


それは、本当に様々な感情が入り交じります。


自分の言いたいこと、伝わるかな…。
否定されたり、しないかな…。
自分の発言が、誰かを傷つけたり、しないかな…。


そりゃあもう、話す直前までドキドキドキドキ、いろいろ考えて、逃げ出したくなっています。


ギリギリまで考えて、考えて、それでも想いを伝えられなかったりするし、
それでも、否定されたり、傷つけてしまったり…。


もう、その度に、自分の実力の無さに情けないやら、悔しいやら…。


で、そんなビビッてる自分さえ、発信することにビビっていました。(ややこしいな)
実際、発信することから自分を遠ざけていたような気もします。


んーーー。でも最近、「それでも発信したい」って思っております。


怖さは相変わらずですがw、私の場合、
発信して、行動して、間違ってみたり、怒られてみたり、壁にぶち当たってみたり、
そうやって少しずつ進んでいくしかないぞ、と。
小さい自分も含めて、もう認めて、前向くしか無いぞ、と。


最初から正解だと思える道を、慎重に選んで歩もうとしすぎていた気がします。


私の勝ちパターンは決してそうじゃなかった。
人よりもたくさん失敗して、人よりもたくさん怒られて、
そうやって、ここまで歩んできたんだっけ、と最近改めて思うこともあったり。


発信することは正直、怖い。
でも、発信することで、誰かに届くかもしれない想いがあるなら、発信したい。
それはとてもおこがましいことかもしれないけれど、そう、思いました。


今日、槇原さんのLIVEに行って、彼のメッセージを聴いて、そんなことを思いました。
明日からまた全力で頑張ります。